出産後、体の変化やトラブルで悩まれる方は多いですよね。
あらゆるトラブルの中でも、「産後、急にシミが増えた気がする…!」というトラブルで悩む女性は多いのではないでしょうか。

どうして産後にシミが増えてしまうのでしょう?
そして、シミが増えないようにする方法はあるのでしょうか?

ここでは、産後という時期に限定して、シミが増える原因と対策法についてご紹介します。

産後にシミが増える理由はこれだった

これまでは特別なお手入れをしていなくても特にシミに悩むことはなかったのに、産後になって急にシミが増えたりしていませんか?
実は、産後に急にシミが増える理由には、出産に関わる2つの女性ホルモンのバランスが関係しています。

2つの女性ホルモンというのは、エストロゲンとプロゲステロンです。

まず、エストロゲンという女性ホルモンについてどのような働きがあるのか見ていきます。

エストロゲンとは

エストロゲンは、お肌のハリや潤いをサポートする力のあるコラーゲンやエラスチンといった成分の生成を保つ働きがあります。
肌のバリア機能を持ったホルモンともいわれています。

また、エストロゲンは産後に母乳を出す準備であったり、子宮内膜を増加させる働きがあるのです。
妊娠を継続させるためにとても大切なホルモンであるといえますね。
ですから、妊娠するとエストロゲンの量が増えるのです。

しかし、エストロゲンにはシミやそばかすを増やすといった働きもあります。
エストロゲンはメラニンの生成を促す作用があるからです。

次に、プロゲステロンという女性ホルモンについてです。

プロゲステロンとは

プロゲステロンは、胎盤を完成させ、流産を防ぐ働きがあります。
これもお腹の中の赤ちゃんを守る働きをするホルモンなので、妊娠中はホルモンの量が増加します。

ところが、プロゲステロンもまたメラニンの生成を促すメラノサイトを刺激して、シミやそばかすを増やしてしまう働きを持ちます。

この2つの女性ホルモンは、妊娠すると急激に増えます。
ですから、実は妊娠中もシミやそばかすが非常にできやすい状態ではあります。

しかし、出産後はこの2つの女性ホルモンが減少します。

エストロゲンが急に減少することで、肌のバリア機能が低下してしまいます。

そのような状態で紫外線やストレスといった外からの刺激を受けてしまうと、肌にダメージがかかります。

さらに、シミやそばかすを増やしてしまう働きを持つプロゲステロンも、出産後は減少していくものの、妊娠前のホルモンの分泌状態に戻るまでは時間がかかります。
早くても半年くらいはかかってしまうようです。

そのため、エストロゲンが減少していくことで、肌が無防備な状態となってしまうなか、プロゲステロンの量が妊娠前よりは多い状態になりますから、シミができやすくなってしまうんです。

産後にシミが増える大きな理由は、この2つの女性ホルモンの変化によるものが大きいといえます。

また、出産後は慣れない赤ちゃんのお世話に苦労したり、睡眠不足になりストレスもたまりやすくなります。
ストレスがかかりすぎると、肌の代謝もうまくいかなくなってしまいます。

そうなると、ますますシミが増えることになってしまいます。

さらに、子育てに忙しくなるとどうしても自分のケアはおろそかになりがちです。
スキンケアにこれまでのようには時間がかけられなくなりますし、外出時にこまめに紫外線対策を行う、といったケアも怠りがちです。

こういったケア不足も、シミが増える原因となってしまいます。

3つの対策法でシミを防ごう!

それでは、シミが増えないようにするためはどのような対策をとればいいのでしょうか?

産後のホルモンバランスを整えよう

出産後はホルモンのバランスが乱れますので、バランスを整えるように心がけましょう。

栄養バランスに気をつけた食事を規則正しくとるようにします。

ビタミンB6やビタミンE、大豆イソフラボンなどは女性ホルモンを分泌させる働きがありますので、これらの栄養素が含まれた食品をバランスよくとることも効果的です。
かつお・まぐろ・かぼちゃ・大豆などが挙げられますが、偏ることなくバランスよくとるようにしてくださいね。

また、適度に体を動かす・ストレスをためないといったことも大切です。

できれば母乳をあげよう

母乳をあげていると、エストロゲンの減少がより早くなるといわれています。
ということは、シミやそばかすを増やすホルモンが減れば、肌への影響も少なくなりますので、母乳をあげるほうがよいというわけです。

ですが、母乳を作るときにはビタミンCがたくさん消費されてしまいます。

ビタミンCが不足すると、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいますので、気をつけてください。
母乳をあげながら、しっかりとビタミンCを摂取するようにしてくださいね。

紫外線対策と美白ケアをしっかりしよう

やはり、紫外線対策は産後より一層気をつけて行ってください。

例えば洗濯物を干すといったわずかな時間でも日焼けはしてしまいますから、しっかりとしたUVケアを心がけてください。

そして紫外線対策はもちろんのこと、肌のお手入れに美白対策の化粧品を取り入れてしっかりとケアをしましょう。

なかなかお手入れに時間をかけられない、という方も多いと思います。
ですが、中には簡単なケアで美白ができるものもあります。
自分に合ったものを探して、継続して使うようにしてください。

まとめ

産後は自分のことに手をかける時間も余裕もなくなりがちです。
出産によってホルモンが変化し、バランスが乱れるのは誰にでもあることです。

原因と対策をしっかりと知り、正しいケアを行うようにすれば、シミも怖くありませんね!