肌に関する悩みやトラブルは様々ありますが、中でも顔にできるシミについてはお悩みの方が多いと思います。
紫外線対策をしっかりととっていても、突然顔の表面にうっすらと現れるシミにはがっかりしてしまいますよね。

お化粧でシミを隠すこともできますが、厚塗りになってしまわないようにテクニックも必要です。

根本的にシミを消してしまう、というのであれば、皮膚科などでレーザーを使った治療を行うのが一番ではあります。

ですが、なるべくなら自宅でのケアでシミ対策を行いたいものです。

そこでここでは、自宅でできるシミを消すための対策法をご紹介します。
普段の生活に取り入れていくことで、シミに悩まない美肌を目指しましょう。

シミの原因を知ろう

まずは、シミができる仕組みと原因について知りましょう。

肌にできるシミは、メラニン色素と深い関係があります。

紫外線を肌に浴びると、肌の中でメラニン色素が作り出されます。
通常はこのメラニン色素はケラチン細胞へ渡され、ケラチン細胞の核を紫外線から守ってくれる役割を持っています。
ケラチン細胞の核を守るこの仕組みが、肌の色が褐色化することなのです。

その後、肌のターンオーバーが整っていれば、メラニン色素は排出され、肌の色も元に戻っていきます。

ところが、紫外線をたくさん浴びすぎると、当然メラニン色素も多く作り出されます。
メラニン色素が多くなりすぎると、ケラチン細胞はすべてのメラニン色素を取り込むことができません。

ケラチン細胞に入らなかったメラニン色素は、肌のターンオーバーによる排出がなされませんので、皮膚に残ってしまいます。

これが、シミになってしまうというわけです。

さらに、肌のターンオーバーがうまく整っていないと、ケラチン細胞がメラニン色素を取り込んでいても排出がされないので、蓄積してしまいます。
これも、シミが増えたり大きくなったりする原因となります。

このことから、しっかりとした紫外線対策を行って必要以上に紫外線を浴びないようにすることと、肌のターンオーバーを整えてあげることが大事ということがわかりますよね。

シミを消すための3つの対策法

それでは、ここからは具体的なシミ対策を3つご紹介します。

紫外線対策はしっかりと!

まず、当たり前になりますが、十分な紫外線対策を行うことが重要になります。

外出時に日焼け止めを塗ることは必須です。
日焼け止めは、紫外線が強くなる夏ごろに使われることが多いですが、できれば年間を通して使用することをおすすめします。
秋冬や、春でも意外に紫外線量は多いものです。

うっかり日焼けしてしまわないように、こまめに塗ることを心がけましょう。

インナーケアでシミ対策

シミ対策に効果があるといわれている成分が含まれた食品やサプリメントを取り入れ、体の内側から対策を行いましょう。

シミ対策や肌のターンオーバーを促す効果があるといわれている成分としては、ビタミンC・Aやアスタキサンチン、オメガ3系脂肪酸などがあげられます。
具体的な食品の例としては、にんじん・かぼちゃ・アボカドや鮭・エビ・カニ・ほうれん草などがあります。

その他にも、シミ対策に効果的な成分に特化したサプリメントを必要に応じて摂ることもおすすめです。
トラネキサム酸やL-システイン、プラセンタエキスなどが有名です。

シミ対策に効果的な化粧品を積極的に!

普段の肌のお手入れに、シミ対策に効果的な化粧品を取り入れてみましょう。

美白に効果があるとうたう化粧品は多数存在しています。
ただ、美白に効くからといってシミにも効く、というかといえば、必ずしもそうではありませんので気をつけてくださいね。

たとえば、美白化粧品によく含まれているアルブチンやビタミンC誘導体などは、肌のターンオーバーを整えてシミを防ぐ効果はあります。
しかし、できてしまったシミを消す効果はあまり期待できません。

ですので、シミを消す効果が期待できる成分の入ったものを選ぶ必要があります。

シミを消す効果が期待できる成分として有名なのが、トラネキサム酸というものです。

トラネキサム酸が配合された化粧品を使うことで、できてしまったシミを薄くする効果が大いに期待できます。
このトラネキサム酸に加えて、ビタミンC誘導体などの美白成分も一緒に含まれた製品を使えば、シミ対策は万全ですね。

化粧品を選ぶ際は、こういったことに気をつけてみてください。

その他、十分な睡眠をとることや、ストレスをためないといったことにももちろん気をつけてくださいね。

まとめ

できるだけ綺麗な肌でいたいのなら、やはりシミは作りたくないものです。
もしできてしまっても、なんとかして薄くしたいですよね。
今回ご紹介した方法を取り入れて、シミに悩まない肌を目指しましょう。